記事の詳細

XPサポート終了後の影響

発売から12年以上が経過して、とうとうWindows XP及びOffice 2003もサポート期間が終了してしまいました。しかし、サポート終了日の2014年4月9日以後も、相当数のWindows XP及びOffice 2003を搭載したパソコンが現役で稼働しているのが現状です。サポート終了後のWindows XP及びOffice 2003への具体的な影響をまとめています。

「特例」を除いて、新たなセキュリティパッチの無償提供が終了

サポート終了による最も大きな影響は、セキュリティパッチ(セキュリティ更新プログラム/修正プログラム)の新規提供が止まることです。サポート期間中は、新たな脆弱性が発見・報告されるたびに、マイクロソフトはその脆弱性を解消するためのセキュリティパッチを開発・配布してきました。ユーザーはWindows UpdateやWSUS、またはダウンロードセンターを介して、そのセキュリティパッチを無償で入手・適用することで脆弱性を解消できていました。

しかしサポートが終了したため、こうした新規セキュリティパッチの無償提供も終了しました(※特例は除く)。たとえ新たな脆弱性が見つかって広く世間に知れ渡っても、マイクロソフトがその脆弱性を解消するためのセキュリティパッチを提供することはありません。また、その脆弱性が本当にWindows XP及びOffice 2003に存在するのか、どれくらい危険なのか、といった情報をマイクロソフトが公表することもないでしょう。こうして脆弱性は解消されず、いつまでも放置されることになります。結果、ウイルスやマルウェアからすれば非常に攻撃しやすくなるため、セキュリティ上の危険性は大幅に高まると言えます。

xp_gazou

Windows XPに組み込まれているコンポーネント用パッチも無償提供終了

Windows XPに組み込まれているInternet ExplorerやMedia Playerなどのコンポーネントについても、OS本体と同じタイミングで新規セキュリティパッチの無償提供は終了しています。

注意が必要なのは、こうした組み込みのコンポーネントに対するセキュリティパッチ提供期間が、それを搭載しているOSのサポート終了時期に左右されるという点です。例えばInternet Explorer 6(IE6)はWindows XPだけではなくWindows Server 2003及び2003 R2にも標準で組み込まれています(プレインストール)。しかしWindows Server 2003及び2003 R2ではOSのサポート終了時期である2015年7月までセキュリティパッチが提供されるのに対し、Windows XPではもう終了しています。もちろんWindows Server 2003及び2003 R2+IE6用パッチをWindows XP+IE6に適用することはできません(エラーが発生します)。

有償でのセキュリティパッチ提供は?

サポート終了後、マイクロソフトがこれまで無償だったセキュリティパッチを有償で提供する可能性はあるのでしょうか? この点について同社は公式に発表していません。単に「2014年4月9日をもってセキュリティパッチの提供を終了した」とのみ表明しています。

技術的な問い合わせの回答がマイクロソフトから得られない

これまでWindows XP及びOffice 2003のユーザーは、製品に関して技術的に不明な点やトラブルシューティングに関して、有償ではあるもののマイクロソフトに問い合わせることができました(無償の問い合わせサポートはすでに終了しています)。しかしサポート終了後、こうした問い合わせについても回答を得られなくなりました。もはやマイクロソフトのスタッフに相談してトラブルの解決に当たることはできません。

技術情報の更新が終了

技術的な問い合わせができなくなった以上、より一層マイクロソフトのサポート技術情報(MSKB)やTechNetなどの技術情報を頼りにすることになることが予想されます。しかし、Windows XP及びOffice 2003に関するサポート技術情報(MSKB)やTechNetなどの技術情報は、2014年4月9日をもって「更新」が終了しました。サポート終了後に何か状況が変わったとしても、記載内容が更新されないということです。

仮想マシン上のWindows XPもサポート終了

サポート終了の対象は仮想マシンでも例外ではありません。物理マシン同様、仮想マシン上で稼働するWindows XPにも新規セキュリティパッチは提供されません。

Windows 7 Professional/Enterprise/Ultimateで利用できるWindows XP専用の仮想マシン「Windows XPモード」も、サポートは終了しました。そのWindows XPモードを引き続き利用していると、「お使いのコンピューターがセキュリティやウイルスのリスクにさらされる可能性が高くなる場合があります」とマイクロソフトは説明しています。

XPのサポート終了後も利用できるウイルス対策ソフトウェアがある

セキュリティパッチの新規提供が止まったことから、脆弱性を攻撃するウイルスやマルウェアから可能な限りWindows XP及びOffice 2003を防御するために、ウイルス対策ソフトウェア(セキュリティソフト)の重要性はいやが上にも増してきます。そのウイルス対策ソフトウェアは2014年4月9日を過ぎた今、どのように変わったのでしょうか?

インストール済みのMicrosoft Security Essentialsは2015年7月まで利用可能

Microsoft Security Essentials(MSE)は、Windows XPを始めとするWindows OS向けにマイクロソフトが無償で配布しているウイルス対策ソフトウェアのことです。このMSEのWindows XP版インストーラーの配布はすでに終了しており、新規インストールはできません。現在のMSEのダウンロードページから入手できるインストーラーは、Windows Vista/7だけに対応したバージョンに差し替えられています(Windows XPではエラーが発生)。

また、インストール済みのMSEには2015年7月15日まで、パターンファイル(定義ファイル、シグネチャ)とプログラム(ウイルスを検索するエンジン)の更新が継続されますが、サポートの終わったWindows XPを使い続けていることを警告するために、「パソコンの状態」は常に「危険」と表示されるようになりました。

また、マイクロソフトの企業向け製品のSystem Center Endpoint Protection、Forefront Client Security、Forefront Endpoint Protection、Windows Intuneに含まれるウイルス対策機能についても、2015年7月15日まではパターンファイルとエンジンの更新が行われるとのことです。

悪意のあるソフトウェア削除ツール(MSRT)は2015年7月まで利用可能

マイクロソフトはMSEとは別に、「悪意のあるソフトウェア削除ツール(Malicious Software Removal Tool: MSRT)」というマルウェアの削除ツールをWindows Updateやダウンロードセンターから無償で配布しています。MSRTは新たなマルウェアを削除できるように継続的に更新されていますが、これも2015年7月14日までWindows XPで利用できます。

他のウイルス対策ソフトウェアもサポートを継続

他のベンダーのウイルス対策ソフトウェアについては、Windows XPのサポート終了後も数年という単位でWindows XP上での利用をサポートし続けると表明しているところが多い。

開発・販売元 対象製品 サポート期間などの概要 関連リンク
ESET(キヤノンITソリューションズ) Endpoint Protection Standard/Advanced(ライセンス製品) 最短でも2017年2月28日までサポートを継続 ライセンス製品の「Windows XP」へのサポート対応Windows XPから新しいパソコンへの移行について
NOD32アンチウイルス、Smart Security、オフィス セキュリティパック、パーソナル セキュリティ、ファミリー セキュリティ(パッケージ/ダウンロード製品) 現在のところは、サポートを終了する予定無し(終了する1年前には公表予定) パッケージ/ダウンロード製品の「Windows XP」へのサポート対応Windows XPから新しいパソコンへの移行について
カスペルスキー Endpoint Security 8(CF2)/10 for Windows、インターネットセキュリティ2014、アンチウイルス2014 最短でも2016年1月31日までパターンファイルの配信を継続 カスペルスキー製品のWindows XP対応
シマンテック Endpoint Protection(SEP) 11.0/12.1 当面の間、サポートを継続 XPサポート終了に伴うSEPの対応
ノートン(アンチウイルス/インターネットセキュリティ/360/360 マルチデバイス/セキュリティ/セキュリティ with バックアップ) 当分の間、サポートを継続 Microsoft 社のサポート終了後の Windows XP コンピュータに対する保護についてノートン製品を新しいバージョンの Windows に移行する方法
ソースネクスト ウイルスセキュリティZERO、スーパーセキュリティZERO、クラウドセキュリティZERO 2015年12月31日までワクチンファイルを提供(サポートは対象外) Windows XPサポート終了のお知らせWindows XPをお使いのお客様へ
トレンドマイクロ ウイルスバスター(コーポレートエディション/ビジネスセキュリティ/ビジネスセキュリティサービス)、Deep Security、Portable Security 最短でも2017年1月30日まで利用可能。製品によっては有償で延長可能 エンドポイント製品WinXP対応XPサポート終了後の法人向け製品のサポート対応
ウイルスバスター クラウド 2015年12月31日までアップデートを配信 エンドポイント製品WinXP対応XP サポート終了後のウイルスバスターの対応
マカフィー VirusScan Enterprise 8.7i、Host Intrusion Prevention 7.0、Site Advisor Enterprise 3.0 2015年3月31日まで無償サポートを提供。有償で2016年3月31日までサポートを延長可能 XPのサポート終了に対する移行ソリューション2014年4月以降のWindows XP SP3サポート体制
VirusScan Enterprise 8.8、Host Intrusion Prevention 8.0、Site Advisor Enterprise 3.5、SaaS Endpoint Protection、Agent 4.8 2015年12月31日まで無償サポートを提供。有償で2016年12月31日までサポートを延長可能
Windows XPサポート終了後の主要なウイルス対策ソフトウェアの対応予定
ここでの「サポート期間」はあくまでもWindows XPで利用することを前提にしています。詳細は関連リンク先のページをご参照ください。

 ただし「サポートされている」といっても、

■ 技術サポート(問い合わせ)対応

■ パターンファイルの更新

■ プログラム(エンジン)の更新

といった区分けごとに細かく期限が異なる場合があります。またウイルス対策ソフトウェア本体を最新版に更新しないと、サポートが受けられないこともあります。

サポート切れでも、Windows XP及びOffice 2003が動かなくなるわけではない

サポート終了日を過ぎたからといって、いきなりWindows XP/Office 2003の動作が停止して使えなくなる、ということではありません。前述のようにセキュリティ上の危険性は高まるものの、利用すること自体は可能です。また以下のように、一部のサービスはサポート終了以降も利用できます。

サポート終了日以前にリリースされたパッチは引き続き適用できる

前述の通り新たなパッチは提供されなくなりましたが、2014年4月9日までにリリースされた既存のセキュリティパッチや不具合修正パッチについては、引き続き配布されています。現在でもWindows Updateを実行すると、2014年4月9日以前にリリースされたパッチがリストアップされ、適用することはできます。

またダウンロードセンターから提供されているオフラインで適用可能なパッチのインストーラーも同様に、引き続きダウンロードできます。

Office 2007及び2010の新規パッチは引き続き適用できる

Windows XPとそのコンポーネントの新規パッチ提供は終了しましたが、Windows XPのシステム全体で見ると、まだ新規パッチが提供される場合があります。Office 2007及び2010がWindows XP上にインストール済みの場合、それらのパッチは今後新たにリリースされるものも含めて適用できます。なお、Office 2007は2017年10月、Office 2010は2020年10月まで新規セキュリティパッチが提供される予定です。

アクティベーション(ライセンス認証)も引き続き実行できる

Windows XP及びOffice 2003を新たにインストールした際に必要となるアクティベーション(ライセンス認証)は、2014年4月10日以降でも実行できます。電話によるライセンス認証のための窓口も引き続き利用できるとのことなので、サポート終了後に再インストールを余儀なくされたとき、ライセンス認証ができないせいで使い続けられない、という事態は回避できることになります。なお、ラインセンス認証の終了時期は未定です。

また、サーバー固有の機能を除けば、Windows Server 2003のシステムはWindows XPと共通の部分が少なくないため、Windows Server 2003のセキュリティ情報が、Windows XPに残っている未知の脆弱性を見つける手掛かりになり、結果として攻撃の危険性を飛躍的に高めることになります。

現状はこのような事情があるにも関わらず、Windows XPに対してセキュリティパッチが提供されないのですから事態は深刻です。可能な限り速やかに、サポート対象の製品及びサービスへ移行したりアップグレードをオススメいたします。

yuimoではOS移行選定から実施までをバックアップするサービスを用意しています。

もっと早く移行を考えておけば良かったと後悔する前に、ささいな事でもご相談ください。

お客様のご予算・ご要望に合ったXPの移行をご提案

XPの移行までには、移行時期や移行先のパソコン選択、検証など、数多くの項目を計画・検討しなければいけません。
何が最適か分からない、数多くの項目を計画・検討する時間がないといったお悩みは、yuimoにお任せください!お客様の業種・規模・ご要望に合わせて、最適なXP移行サービスをご提案致します。

proposal

XPの移行でお悩みの方は、yuimoにまずご相談ください。

お電話でのお問い合わせ
ビジネスセンター岡山 yuimo事業部
(平日9:00~17:00)
086-255-1115
Webでのお問い合わせ
資料請求・お見積り
お問い合わせ
ビジネスセンター岡山 yuimo事業部086-255-1115
Webでのお問い合わせ
※資料請求・御見積もお気軽にご相談ください。

比較・検討から導入までお任せ!yuimoを選ぶ三つのメリット

メリット1 お客様の環境・業種に合わせたXPの移行をご提案

yuimoでは、これまでにもXPの移行サービスを多くの企業様にご支援・ご提案してきました。その豊富な実績と経験を活かし、お客様の規模・ご予算・ご要望に合わせてお客様に合った最適なプランをご提案致します。まずはyuimoにご相談ください!

proposal1

メリット2 複雑・面倒な移行作業もyuimoにお任せ!

XP移行作業時に必要な複雑な設定や面倒な作業を、全て安心してyuimoにお任せいただけます!

proposal2

メリット3 さまざまな機器に関わるトラブルにも対応しています

XP移行後に発生したトラブルも、yuimoにご相談ください。「PC起因のトラブルなのか、サーバとネットワークの不具合なのか、操作の仕方が原因なのか」等、複数の機器をまたいだトラブルも、yuimoの専門スタッフがワンストップで対応、解決します。

  • *サポート内容は、ご契約条件により異なります。詳しくはお問い合わせください。

proposal3

XP移行のことなら、何でもご相談ください

ソリューションの選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答え致します。

ビジネスセンター岡山 yuimo事業部(平日9:00~17:00)086-255-1115

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る